人類の起源 古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」2022年06月05日

 篠田謙一 <中公新書・2022.2.25>

 本書により、最新の古代DNA研究の概要が全てわかる、と感じた。
 これまで化石の形態しか手段が無かった人類の起源に関する研究が、分子生物学の発展により大きく変わった。化石に含まれるDNAの研究は1980年代にPCR法によるDNA増幅が考案されて始まり、2000年代の次世代シークエンサー(DNAの塩基配列を調べる機器)の実用化により一気に広まった。最近では試料への外在性DNA(すなわち現代人のDNA)の混入を排除する技術が進み、さらにDNA解析を想定した化石の保管方法が行われるようになったことで(寒冷地で何万年も保存された化石内のDNAも掘り出した後に室温保存すれば分解が進む)、次々と新発見が報告されているという。さらに化石や古代の人骨だけでなく、遺跡の堆積物の中に含まれるDNAからもそこにいた人類の遺伝子の情報が得られるようになった。2015年発刊の「ネアンデルタール人は私たちと交配した(スヴァンテ・ペーボ著)」でユーラシア大陸のホモ・サピエンスの遺伝子には数%のネアンデルタール人遺伝子が含まれることを学んだが、その後の研究の進展は確かに著者が言うように「ボナンザ(豊富な鉱脈、繁栄)」だ。今では10万年前のネアンデルタール人のDNAが、3人と数は少ないものの、現代人DNAと同レベルの深度(精度)で解析されている。
 現生人類であるホモ・サピエンスは、数十万年の期間にわたって旧人類であるネアンデルタール人やデニソワ人と共存し、相互に何度も交雑を繰り返したらしい(母がネアンデルタール人、父がデニソワ人という女性の骨も発見されている)。さらに未知の旧人類との交雑の可能性もあるという。集団内のミトコンドリアDNA(母から娘に伝わる)やY染色体DNA(父から息子)の多様性から婚姻形態が推測でき、また骨から抽出されたDNAのメチル化分析からデニソワ人の骨格の再現も試みられている。
 さらに本書では、数万年前から数千年前以降の古代や現代人のDNA解析の結果から、世界の大陸ごとの人類の系統や移動の時期について、言語や農耕牧畜との関連とともに詳しく紹介されており、日本についても縄文人、弥生人、北海道集団、琉球集団に関する解析結果が記されている。世界各地の古代文化の推移が、ヒトの移動と関連させて理解できるようになったわけで、従来の研究からは全く想定されていなかったヒトの入れ替わりも見つかっている。
 これまでにDNA解析が行われた最も古い化石は43万年前のもの。恐らく現存するごく微量のDNAの保存・解析技術は行き着くところまでいったであろうから、もっと古い時代の人類については、より安定性の高いコラーゲン等のタンパク質の解析が期待されている。
 それにしてもホモ・サピエンスの全ゲノムが発表されたのが2002年だから、それからわずか20年でここまで来るとは。原著論文をフォローする元気はないが、本著のような手軽な読み物で最新の成果までを網羅的にまとめた書物は大変ありがたく、次を楽しみに待っていたい。

ワクチンの噂 どう広まり、なぜいつまでも消えないのか2022年05月30日

 ハイジ・J・ラーソン (小田嶋由美子・訳) <みすず書房・2021.11.10>

 ワクチン接種の義務化に対する反対運動は、古くから世界の多くの国で起きていて、ワクチンの普及を阻んでいる。日本でも副作用に対する国民の不安を受けて、1990年代に定期予防接種が従来の義務接種から勧奨接種(努力義務)に変わった。諸外国の政府や専門家は予防接種の意義に関する科学的な根拠によって彼らを説得しようとしているが、必ずしもうまくいっていない。人類学者である著者のラーソンはユニセフやWHO/世界保健機関においてワクチン推進の要職についていたが、2003年にナイジェリア北部の州知事が呼びかけて起きたポリオワクチンボイコット運動に衝撃を受け、大学に戻ってワクチン抵抗運動に関する研究と教育に携わるようになった。本書で著者は、ワクチンに関するネガティブな「噂」が何故なくならないのかを具体的な事例を数多く挙げて解説し、ワクチンを広めようとするなら、ワクチンに反対する人達に対してもっと謙虚に向き合うべきと主張する。私はこれまで、WHOによるポリオ撲滅がなかなか達成できないのは主に内戦などの地域紛争が原因と漠然と考えていたが、それは大きな間違いとわかった。またワクチン以外のフェイクニュースを含めた捉え方についても学ぶことが多かった。尚、本著の発行は新型コロナ感染の発生以降であるが、本文の記述はそれ以前に終わっていて、コロナへの言及はプロローグのみ。
 日本ではワクチン接種に反対する人達は、子宮頸がんワクチンでもコロナワクチンでも、その副作用に対する懸念が理由であり、せいぜい大企業による金儲けへの反発があるくらいだろう。一方、欧米先進国では政府による個人の自由への侵害と受け止める人達が既に19世紀からいて、さらに宗教上の信条から人工的な細工は不要で自然のままの身体の抵抗力だけで充分、との考えもあるそうだ。また開発途上国では、政府やWHOに対して不信感を持つ人々が相当数おり、ワクチンだけでなく様々な政策に対する反発と一緒になって抵抗がおきる。これらを背景にして、ワクチンを投与されると自閉症になる、不妊になる薬物が入っている、などの様々な噂がうまれ、一部の人達の間で広まっていって、いつまでも消えない。さらに現在のインターネット社会では、一瞬にして噂が世界に広がるだけでなく、人口に対する比率としては少しであっても、彼らがネット上で集まって噂を共有し、団結してアピールしている。さらには、ポピュリズムの政治家やいかがわしい「専門家」が自分の利益のために噂を利用する。
 著者はこれらの噂に対して、科学的な根拠によって抑え込もうとしても、一時的に消えるだけでまた再燃するとして、「世界中の人々が、公衆衛生上の目標に取り組み、人命を救うために、ますます多くのワクチンを求め、受け入れつづけるという思い込みには十分な根拠がないからだ」と言う。さらに「基本的な自由権、発言権をもち、敬意を払われるべきであるという深い信念に疑問の余地はない。これまで以上に、市民の感情、政治観、原則が複雑にからみあった関係に照らして、ワクチンに意味をもたせる必要がある」とする。
 私にとって本書は、ワクチン普及の専門家による驚きの主張で、では実際にどのようにして、というあたりで疑問も出るが、従来の「説得」が行き詰まっているのは確かなようであるから、スタンスとして一考の余地があるように思えた。フェイクニュース一般についても、単に無知を笑ったり、事実を主張し続けるだけではダメなのだろうか。

EXTRA LIFE なぜ100年間で寿命が54年も延びたのか2022年05月12日

 ヒトの寿命は、多少の変動はあっても年々延びることが当然のように漠然と感じていたが、医療の歴史は長いもののそのような現象はここ数百年のことであるそうだ。本書では、その寿命の延びの原因が、一般に思われるような医学の偉大な発明や発見によるのではないことを示し、多くの人の地道な積み重ねによって達成されたとしている。それほど期待しないで読み始めたのだが、本のタイトルの答だけでなく、その背景に関しても知らなかったことが多々あって予想以上に面白かった。
・人口統計は紀元前のはるか昔から、おそらく課税目的で行われたことが、粘土板の記録から考古学的に示されているが、平均寿命(出生時平均余命)の考え方ができたのは遥かに遅く、17世紀のロンドン。その計算に必要な死亡統計も同じときに始めて行われた。人口統計は単なる事実の記録だが、平均寿命は確率の概念が含まれる将来予測。
・ヒトの平均寿命は、農耕以前の10000年以上前(歯や骨から死亡年齢が推定できる)から18世紀頃まで30歳〜35歳であり、感染症の大流行などによる変動以外、ほぼ変わらなかったらしい。平均寿命が短い原因は子どもの死亡率が高い(30%以上)ためで、成人の多くはそれよりはるかに長く生きた。
・17世紀のイギリス貴族は、医療へのアクセスが良かったにもかかわらず、ではなく、アクセスが良かったために、イギリス人一般よりも有意に平均寿命が短かった。それは当時の医療がトータルとして身体に悪いことをしていたからで、確かに現在の知識から見れば、病人に毒(ヒ素、水銀など)を投与したり、大量に出血させたり(米国初代大統領ワシントンは全血液の6割以上を抜き取られた、という)したら、早く死んでも不思議はない。
・医学的介入に効果があったか、を調べる研究は何と20世紀になってからで、その結果、結核による死亡者の減少は、有効な治療法が見つかる以前から始まっていたことがわかった。現在、大半の歴史学者は、第二次世界大戦が終わるまで、医学的介入の平均寿命に対する効果は限定的と考えているそうだ。それより以前に医者たちが蓄積していた真に有効な医療行為のプラス効果は、上述の怪しげな「英雄的医療」によって帳消しになっていたという。
 本書にリストアップされた寿命延長の原因は以下の通り。引用元を挙げておらず、信憑性はよくわからないが、およそのイメージが得られれば良いのだろう。
・数十億人の命を救ったイノベーション
 化学肥料(農業生産の飛躍的増加による栄養状態の改善)、トイレ/下水道、ワクチン
・数億人の命を救ったイノベーション
 抗生物質、二又針、輸血、(飲料水の)塩素消毒、(牛乳の)低温殺菌
・数百万人の命を救ったイノベーション
 エイズ・カクテル療法、麻酔、シートベルト など
 本書では、これらのうち8つの物語の詳細が描かれているが、有名な天然痘ワクチンのジェンナーや、ペニシリンのフレミングが、彼らだけの力でイノベーションを起こしたわけではなく、過去からの蓄積があったり、埋もれそうになった発見を救い出した人たちがいたからこそ、という。
 たまたま図書館の新刊置き場で手に取って読んだが、このところこういう「発見」が多く、新刊本のチェックの網をもう少し広げた方がよいかも。

<畑作業が忙しくなって・・>2022年05月07日

今月に入ってから畑作業が忙しくなって、読書およびメモ書きが進みません。基本的には自家消費のための野菜作りですが、明らかに生産量が多すぎるので、余った野菜はご近所に配ったり、友人知人が来て収穫したり。一時期、産直に出したこともありましたが、消費者の顔が見えず、時間も取られるのでやめました。

今年これまでに種蒔きまたは苗の植付けをしたのは
白菜、キャベツ、ネギ、サニーレタス、サラダ菜、わさび菜、ホウレン草、オクラ、大根、春菊、インゲン、落花生、枝豆、バジル、ミニトマト、キュウリ、茄子、ピーマン、ししとう、パプリカ、大葉、つるむらさき

とりあえず一段落したので、また読書のペースが上がるでしょうか。

「ひきこもり」から考える <聴く>から始める支援論2022年05月02日

 石川良子 <ちくま新書・2021.11.10>

  「ひきこもり」に関する研究者が、支援者の姿勢、心構えについて書いた本。実際の支援をしていない研究者が書いた、ということで最初は何となく胡散臭く感じたが、読み進めるうちに著者が本に書こうとした意図に納得した。支援マニュアルではなく、あくまで支援者の姿勢に関する支援論であり、著者がひきこもり支援で最も大切と考えることは、タイトルにあるように<聴く>ことである。
 著者は大学院時代からひきこもり研究を始めて20年だそうで、そのテーマは「ひきこもり」とはどういう経験なのか、「ひきこもり」が社会のあり方や個人の生き方にどのような問題を提起しているのか、であった。ひきこもり当事者に対する自分の立ち位置、接し方などで悩み、苦戦しながら経験を積み重ね、現在の考えに行き着いた。それはひきこもりへの共感や受容を諦め、反感が生じる気持ちも敢えて抑えず、受容を「受け入れる」から「受け止める」に変えることであり、すなわち当事者の声を<聴く>ことにつきる。
 ひきこもり当事者は他人と接すること、語ることに困難を抱えるからこそひきこもりになったのだろうから、その彼ら彼女らの言葉を引き出して、<聴く>ことは必ずしも容易なことではない。また「支援とはどうしても暴力性を孕んでしまうもの(当事者の心に打撃を与える)」ではあるが、「暴力性を最小限に抑えようと努力することは必要」とする。要は、支援者は「あなたのために」という気持ちを振り回すことなく、いつも謙虚でいること。著者も度々引用するひきこもり支援の第一人者、齋藤環は医療者であることから、当事者の変容を求めざるを得ないが、著者はそれを必ずしも良しとしない。当事者の変容は、もし起こればもちろん良いことであるがそれは支援の結果であって、変容を目的としてしまうと「暴力的」になりがち、ということか。
 先に紹介した「自分で始めた人たち」の里親制度支援と共通することもあると感じた。それは当事者(里子やひきこもり本人)を尊重し、彼らの気持ち・考えを大切にすること。当然とも思えるが、上述のように「暴力的」になりがちな支援を、より良い、すなわち社会のためでなく、当事者自身のためになるようにするには、現状の支援現場で見られる以上に<聴く>ことを忘れずに、と言いたいようだ。私はどちらの支援現場も知らないが、おそらく重要な指摘なのだろう。

自分で始めた人たち 社会を変える新しい民主主義2022年04月28日

 宇野重規 <大和書房・2022.3.1>

 日本学術会議会員の任命を拒否された1人である著者の対談本。著者は、自治体と市民が協働して地域の課題を解決するアイディアを競う「チャレンジ!!オープンガバナンス、COG」という企画に立ち上げから関わってきたが、COGの入賞者や審査員との7回の対談や鼎談をまとめた。登場人物のほとんどが女性で、諸事情によりアイディアだけで止まってしまった応募もあるようだが、実際に課題解決のために活発に動き続けている人もいる。著者の本は初めて読んだが、加藤陽子と合わせて、日本政府が何を嫌って拒否したかがわかる気がした。
 7つの話のうち、最も印象的だったのが、里親支援活動の齋藤さんの話。自身が実際に里親を経験し、さらに同期の里親仲間が「杉並区里子虐待死事件」を起こしたことから、COG応募の前から支援活動を始めていて、行政(東京都中野区)や児童相談所とともに里親制度の推進・発展に努めている。彼女には「子どもは親の所有物ではない」という考えが基本にあり、当事者である子どもの立場に立って考え、子どもの意見を重視する。一方、行政や児童相談所に対しても、批判するだけでなく、しばしばメディアからバッシングを受ける児童相談所のポジティブキャンペーンを行うなどして、ともに里親と里子を支えることを貫く。賞の対象となったのは、里親を子育て支援の一環と捉え、支援者がファミリーサポート、ショートステイ、里親へとステップアップしていく仕組みつくりのアイディアで、その後も「中野の子どもは中野のみんなで育てよう」という活動を続けている。
 会話なので読みやすい。地域活動を通して行政とも少し関わり始めた私にとって興味深く、参考になったこともある。ただ、対談や鼎談のときだけでなく、全てにおいて登場人物を褒めまくることに若干の違和感を感じたが、それぞれの立場を考えると致し方ないか。

NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか?2022年04月27日

 ダニエル・カーネマン、オリヴィエ・シボニー、キャス・R・サンスティーン(村井章子・訳) <早川書房・2021.12.15>

 愛読書の一つであるカーネマン著「ファスト&スロー」の続編。前著で、ヒトが考えるときの仕組み(直感のシステム1と塾考のシステム2)や特徴(ヒューリスティックなど)を示した著者が、学者であり行政にも関わったサンスティーンらとともに、ヒトの「判断」の改善を目指して書いた。
 ヒトの判断には、我々がイメージしているより遥かに多くの誤り(エラー)がある。それは裁判官などのプロフェッショナルでも同様で、同じ犯罪に対して下される量刑に驚くほどのばらつきがあり、さらに同一の裁判官による判断でもばらつきが出ることが示されている。すなわち犯罪者が受ける量刑はくじ引きのようなもので、エラーは正すべきとする。
 エラーには系統的誤りである「バイアス」と、単なるばらつきによる「ノイズ」がある。必ずしも厳密に区別されるものではない気もするが、例えば人種差別に根ざしたエラーはバイアスで、個人の特性(優しい=甘い裁判官など)や気分(朝か夕方か)などによるばらつきはノイズである。本書では主にノイズを標的にして判断のエラーを減らすことを目指し、実際のノイズを探すところから始めて、その分類、原因、減らすための方法へと進んでいく。解決策の一つとして書かれている「判断ハイジーン」は、疫学で学ぶ病気の予防の考え方とよく似ており、そのためハイジーン(hygiene 衛生管理)という言葉が使われている。
 著者らは、プロフェッショナルの判断の少なくとも一部はもっとAIに委ねられるようになる(その方がエラーが少ない)と考えているが、一般人の抵抗も大きいだろうとも考えており、そのために組織による判断を、より正しい(ばらつきの少ない)ものにしたいという意欲が伝わってくる。
 今は本の返却期限が迫っているため判断ハイジーンの具体的な内容を書く余裕がないが、いずれハヤカワノンフィクション文庫で発売されたら是非購入して愛読書に加え、全体のまとめを作ってみたいと思う。カーネマンは既に80歳後半のようだが、さすが大したもんだ。

日本列島四万年のディープヒストリー2022年04月26日

 森先一貴 <朝日新聞出版・2021.8.25>

 日本列島にホモ・サピエンスが住み始めた4万年前からの先史考古学の資料を通して現代をみる、という趣旨の本で、日本人の生活や文化が現代の世界において特徴的であることは、旧石器時代や縄文時代にも見られるという話。日本の様々な文化は平安時代から現在まで繋がっている、という話は聞くが、世界の中での日本の特徴のようなものは先史時代からあった、という。それは基本的に湿潤で温暖である上に、島国であること、南北に長く四季があるなどで気候が多様であること、山岳によって地域が隔てられていること、などの環境によって、先史時代から様々な地域文化が発展した。日本で「ガラパゴス化」とは悪い意味で使われるようになっているが、日本の先史時代の文化は、まさにガラパゴス化がもたらした特徴と考えられるようだ。
 ヨーロッパでは、打製石器の旧石器時代、磨製石器の新石器時代、青銅器時代、鉄器時代と移り変わったと言われているが、日本では旧石器時代の遺跡から磨製石器が数多く出土し、16500年前頃からは土器が作られる縄文時代になった。また静岡県三島市では、3万年以上前という旧石器時代に「陥し穴」猟に使われたと見られる土坑が100基以上見つかっている。これほど古い大型土坑群は世界でも例がなく、作成にかなりの労力が必要な土坑群の存在は、定住とまでいえないとしても、生活範囲を狭めた定着的な生活様式の可能性をうかがわせる。
 縄文遺跡が世界遺産に登録されたことで、以前より興味が増していくつかの本を読んできたが、世界の中での位置付けや、時代を超えての関連性など、ようやく多面的に理解できてきたような気がする。この本で紹介されている知見について、ホモ・サピエンス全体の先史時代に関する国際的な学会等での評価を知りたいところだ。

AIは人間を憎まない2022年04月20日

トム・チヴァース(樋口武志・訳) <飛鳥新社・2021.6.1>

 合理主義者(Rationalist)と呼ばれる人々が主張している、AI(人工知能、Artificial Intelligence)が人類を滅ぼすリスクについて、著者はその中心人物たちや批判者のインタビューによって、その信頼度を判断しようとした。
 合理主義者によれば、今世紀中にAIが人間レベルに到達する(シンギュラリティ)と多くの人が考えている、という。もしそうなればAIは瞬く間に人間の知能を遥かに超え、人間は神になるか(ハラリが「ホモ・デウス」に記したように)、さもなくば人間はAIによって滅亡する、と彼らは考えており、後者になるリスクは無視できないほど高い、と主張している。滅亡の原因はAIが人間を憎むからではなく、目的のために人間の常識外の行動をするから。さらに彼らは、人間は老化で死ぬことがなくなり、意識をコンピュータにアップロードでき、居住可能な星を求めて宇宙に出て行くようになることも、そう先のことではない、と予測しているそうだ。
 「合理主義者たちはポリアモリー(複数恋愛)の傾向が高く、難解な用語を使い、変わった暮らしや行動をする、変わった集団」と言われているそうで、そのために彼らの主張の信頼度は低く見られることもあり、またシンギュラリティの実現に懐疑的なAIの専門家の意見も紹介している。結論として、著者が合理主義者たちが考えている「AIが人類を滅ぼすリスク」に対して否定的になることはないが、彼らほど深刻に考えていないようだ。
 新井紀子の本に納得して、まだAIは「シンギュラリティ」の方向に進んでいない、と考えるようになった私には、合理主義者たちの主張はいずれも信じがたいが、単に楽観バイアスがかかっているのかも知れない。とは言え今のところ、少なくとも私が生きているうちに(平均余命であと16年)シンギュラリティの気配でも感じられるような世界が訪れるとは到底思えないし、身体と脳との相互作用を無視した「意識」の理解では(ダマシオの主張に賛同する私としては)、意識のアップロードは起こり得ないように思える。ともかく、合理主義者は非常に「賢い」人達だそうなので、私がまだ理解していない思考をしているのだろう。
 全てを「合理的」に考えようとする彼らは、効果的利他主義に賛同しており、中には最も利他的に行動する方法として、ウォール街で働いて高給を稼ぎ、それを費用対効果の最も高い団体に寄付する活動をしている人もいるらしい。

本に登場した合理主義者たち
 エリエゼル・ユドカウスキー: 運動の先駆者、主導者。20代半ばでブログに大量に書いた”The Sequence” と呼ばれる文章が聖典とされる。変人で、直接のインタビューはできない。
 ニック・ボストロム:「スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の命運」の著者。
 ロブ・ベンシンガー: ユドカウスキーの代弁者。 
 アナ・サラモン: 応用合理性センター(CFAR, Center for Applied Rationality)の会長および共同創設者。CFAR は MIRI(機械知能研究所 Machine Intelligence Research Institute)と並んで、合理主義者コミュニティと現実世界との接点。いずれもカリフォルニア大学バークレー校の近くにある。

ロボット学者、植物に学ぶ 自然に秘められた未来のテクノロジー2022年04月18日

バルバラ・マッツォライ (久保耕司・訳) <白揚社・2021.7.7>

 植物をモデルとしたロボット、プラントイドのアイディアと作成の試みは面白いと思ったが、大まかな原理だけで具体的な細かい設計の話がないために、感心するまでには至らず。論文には細かく書くのだろうから、それを素人向けにした、わかりやすい模式図を書いて欲しかった。
 以下は印象的な内容。
 コアラは他の哺乳類や昆虫にとって有毒な化合物を有するユーカリの葉を食べるように進化した。ユーカリの葉は栄養が乏しく得られるエネルギーが少ないため、コアラはそれに見合っただけの活動しかせず、1日の大半(18〜20時間)を寝ている。一方で、体重の1/10までの葉を食べても耐えられるような解毒系の遺伝子を有し、優れた嗅覚と味覚によって、栄養や水分が豊富なユーカリの葉を探し出すことができ、そのお陰で木から降りて水を飲みに行くという危険を冒さずにすむ。
 日本の新幹線は、そのノーズ(先頭部)を、水飛沫を立てずに水に飛び込むことができるカワセミを模した形状にしたことによって、トンネルに入る際に生じる突然の圧力を減じ、轟音を最小限にすることができた。その結果、平均速度は10%上昇し、エネルギーは15%減少した。